現状、工事を請け負い施工する場合には、工事現場毎に「主任技術者」を配置しなければなりませんでした。
しかし、国土交通省が行き過ぎた重層下請構造の改善を行うために「下請共同施工制度(仮称)」を構築する動きがあるそうです。

「下請共同施工制度」とは
上位下請の主任技術者が下位下請の主任技術者が果たすべき業務範囲をカバーすることで、下位下請の主任技術者の配置を不要とする仕組み。
対象のイメージは、主任技術者を配置する一次下請の下に主任技術者の配置を求めない複数の二次下請が連なるパターンや下請企業によるJV方式(代表企業が主任技術者を配置)の導入等
制度の利用に強制力はも持たせないようですが、利用する場合には建設業の許可が必要になる等、一定の要件や条件が付されるようです。

また一つ下請として事業を行う事業者様に対する建設業許可が必須になる制度が生まれそうですね。

今後もこの制度に関しては、動向を確認して参りたいと思います。