「話しやすい」「分かりやすい」「頼みやすい」と評判の岩手県奥州市の行政書士のサイトです。

古物商営業許可申請

古物商営業許可申請における当事務所の特徴 1.あなたの手間を極力減らします。2.古物商営業許可申請の数多くの経験 3.申請は迅速な対応を心がけ

こんな方々に当事務所の古物商営業許可申請がオススメ

  1. 小規模で古物商営業を営む予定のため、事務まで手が回らない。
  2. 古物商営業許可を取得する上で、条件をクリアしているのかどうか分からない。
  3. 本業に専念したいので、極力自分は手間をかけずに許可を取得したい。
  4. 許可申請書の作成のみならず、関係添付書類(主に住民票・身分証明書等の行政発行の書類)の取得も一緒にやって欲しい。
  5. とにかく専門家に全ておまかせでお願いしたい。

 

当事務所の古物商営業許可申請の特徴

 1 あなたの手間は極力減らします。

お客様にして頂くこと 当事務所が行うこと
  1. 財務諸表等関係書類の引渡し
  2. 申請書類の確認及び押印
  1. 住民票や身分証明書等の添付書類の取得
  2. 申請書類及びその他添付書類の作成
  3. 申請書類及び添付書類の代理提出
  4. 関係省庁及び行政機関との折衝
  5. 許可取得後の許可証等の代理受理
  6. お客様からの無料相談の対応
  7. 許可取得後の諸手続きの案内

上記の通り、当事務所では、申請書類の作成のみならず、申請に必要な添付書類、又は市町村役場等から取得を要する関係書類の収集、申請書類及び関係書類の提出、関係業機関等との交渉や折衝、許可後の許可証等の受取まで全てお任せいただいておりますので、お客様にとって大幅な手間を削減することが可能です。

 

 2 古物商営業許可申請における数多くの経験

古物商営業許可申請について数多くの経験を有し、また、申請書作成のみならず、取得後まで必要なアドバイスを随時させて頂きます。

許可取得後、行商登録や古物商営業許可の標識の取得も手伝いさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

市町村発行の身分証明書や登記されていないことの証明書等、お客様の大切な個人情報を取り扱わせて頂きますが、行政書士には「守秘義務」が存在致しますので、個人情報及び業務に関係する情報の漏洩には十分配慮いたしております。

古物営業許可は都道府県(公安委員会)単位での許可取得となりますので、岩手県以外に営業所を設置する場合にご相談下さい。

 

 3 許可申請書提出は、迅速な対応を心がけております。

お客様に円滑な証明書類のご提示等の時間的なご協力を頂きながら、許認可申請業務受託から申請書提出まで迅速な対応が出来るよう心がけております。

許認可取得日数に関しては、各許認可により期間の設定が異なりますが、古物商営業許可許可につきましては、おおよそ許可申請から40日程度の日数で許可要件を満たすことによって許可を取得することができます。

 

上に戻る

お客様の声

匿名希望さんの画像

奥州市
匿名希望様

Q1 依頼された業務はなんですか?
古物商営業許可申請
Q2 神山を何で知りましたか?
ホームページ
Q3 神山に業務を委託すると決めた要因は何ですか?
東京の行政書士さんの方が報酬は安かったが、手間が多かった。しかし、それに比べて地元であり、値段が多少高くてもそれに見合うだけの業務をしてくれると思えたから。
Q4 神山に業務を委託していかがでしたか?
今回は、古物商営業許可申請をお手伝いいただいたが、様々な分野(各種許認可・経営等)でのサポートをしてくれそうで安心した。

匿名希望さんの画像

奥州市
株式会社テクノワールド
代表取締役  久保智晴様

Q1 依頼された業務はなんですか?
風俗営業許可申請(ゲームセンター)
Q2 神山を何で知りましたか?
住宅メーカーからの紹介
Q3 神山に業務を委託すると決めた要因は何ですか?
本来は、自分でするつもりでいたが、体調を崩し、紹介によって当事務所のHPを見た際に、知り合いの方がお客様の声にいたから。
Q4 神山に業務を委託していかがでしたか?
建物内の壁に関して、早い段階でアドバイスを頂き、余分な時間をとられる事がなかったので助かりました。
さすがに餅屋は餅屋と感じました。
有限会社エクセレント・リサイクル 代表取締役 三浦豊様

奥州市
㈲エクセレント・リサイクル
代表取締役 三浦豊様

Q1.依頼した業務はなんですか
産業廃棄物収集運搬更新,自動車リサイクル関連業務更新
Q2.神山を知ったきっかけと業務依頼の決め手はなんですか
きっかけはラジオCMで、決め手は真面目そうだったから。
Q3.依頼してよかった点
いろいろ話しやすく頼みやすく、分からないことも調べて解答してくれる
Q4.これから利用される皆様へ一言
非常に言いやすく、一生懸命な行政書士なので是非ご利用をオススメいたします
奥州市 株式会社フォルム 代表取締役 佐藤淳様

奥州市

株式会社フォルム
代表取締役 佐藤淳様

Q1.依頼した業務はなんですか
建設業新規許可申請
Q2.神山を知ったきっかけ及び業務依頼の決め手
きっかけは佐藤税理士さんからの紹介であり、業務依頼の決め手は同年代であり、何かと事を進めやすそうに感じたから。
Q3.依頼してよかった点
業界や資格若しくは取り扱っているものからとっつきにくそうなイメージだったが、壁がなく、話しやすく相談しやすい
神山に対して一言
名刺にたくさんの情報が記載されているが、チラシのような物も作ってみてはいかがかと思う。これからも様々な面でお願いします。

    ※その他、お客様の声につきましては、こちらのページよりご確認下さい。

上に戻る

許可取得までの流れ

1.お客様からのお問い合わせ

  • 電話・メール又はファック等によって当事務所にお問い合わせ頂きます
  • 相談は無料にてさせて頂きます。

2.お客様との面談

  • 日程調整を行い、お客様のご指定の場所若しくは当事務所にて面談させて頂きます。
  • 事前連絡を頂ければ、土日祝日も対応させて頂きます。

3.見積り・ヒアリング

  • 業務依頼をご希望のお客様につきましては、業務報酬に関するお見積りをさせて頂きます。
  • お気軽に、見積もり内容につきましては、お問い合わせ下さい。
  • 業務依頼になった場合には、当事務所ヒアリングシートを元に許可取得に向けたお客様の状況の確認をさせて頂きます。
  • 必要に応じて、委任状への署名・押印をお願いする場合がありますので、業務委託をお考えのお客様につきましては、法人においては代表印を、個人の方に関しては認印をご準備いただけると手間が多少省けます。

4.業務開始・書類引渡し

  • 業務開始につきましては、半金前金制を採用しておりますので、総報酬額の半金の入金を確認させて頂いた後とさせて頂きます。また、振込み等に関する詳細につきましては、こちらの報酬ページをご覧ください。
  • 財務諸表等の必要書類の写しを引き渡して頂きます。

5.住民票等の必要書類の収集

  • 証明書類発行手数料につきましては、報酬額に組み込まれております

6.申請書類及び関係添付書類の作成

  • 当事務所にて、一括作成いたします。

7.申請書類及び関係書類の提出代理及び行政機関との交渉及び折衝

  • 提出前に、必要書類の確認又は書類に対する押印をして頂きます。
  • 申請手数料につきましては、報酬額とは別途請求させて頂きますし、申請手数料の納付につきましても代理いたします。
  • 申請書提出につきましては、報酬額の残金及び申請手数料のご入金が確認取れた段階で行いますので、ご注意下さい。
  • 申請内容に関する連絡先は当事務所として申請いたしますので、交渉等につきましては、当事務所にて行います。

8.許可証の代理受領

  • 許可証発行後は、当事務所で代理受領いたします。
  • 代理受領いたしました許可証をお客様に引き渡しを行った時に、許可申請に関する業務完了とさせて頂きます。
  • 必要がある場合には、許可取得後の注意点等もご案内させて頂きますし、質問事項等ありましたらお気軽にご相談下さい。
  • 許可取得後、行商の登録や古物商営業許可の標識の取得をお手伝いさせて頂いておりますので、必要に応じてご相談下さい。
  • 業務委託いただいたお客様につきましては、全ての相談を無料でさせて頂いております。

上に戻る

業務報酬

個人事業主の方が1つの都道府県で古物商営業許可を取る場合
73,000円 (税込)(内訳 申請県証紙代(19,000円)+当事務所報酬額(54,000円))  

 

法人が1つの都道府県の古物商営業許可を取る場合
83,800円 (税込)(内訳 申請県証紙代(19,000円)+当事務所報酬額(64,800円))  

 

上記金額は、許可取得につきまして当事務所報酬+各種証明書類発行手数料+行政への申請手数料を含む総額金額ですので、上記掲載金額以上の請求は発生いたしません。

同時に2県以上に古物商営業許可の新規許可を申請する場合には、2県目以降の当事務所報酬額は半額とさせて頂きます。

その他、業務報酬を確認したい方は、こちらの報酬ページをご覧ください

上に戻る

代表者挨拶

行政書士神山重久の画像

神山行政書士事務所の代表神山重久(カミヤマ シゲヒサ)です。
古物営業許可の対象は、文字の感じから骨董品をイメージするかもしれませんが、他にリサイクルショップや中古車販売・貴金属買取り販売等も古物商営業に該当致します。
ではなぜ古物商営業という許可が存在するのでしょうか。
それは、古物商で扱う商品の多くは使用済みの商品であり、新品商品と違い盗品である可能性があるため、公安委員会が管轄する許可となっております。
また、この許可に関連して、犯罪収益移転防止法の施行もされております。
そんな中、一定の要件を満たす個人又は企業でなければ許可の付与は非常に困難であり、更に、ほとんどの方は申請に慣れていないため、申請は非常に困難なものとなってしまいます。
そこで、より簡単・安全・迅速に古物商営業許可が取得出来るよう、当事務所として精一杯お手伝いさせて頂きますので、まずはご相談からお気軽にお声がけください。
どうぞよろしくお願いいたします。

神山行政書士事務所  代表   

上に戻る

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 神山行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.